第4話 推理小説の館

スポンサードリンク

第4話 推理小説の館

まずは団先生の授業でクイズを20問解きます。(1問5点)
クイズの問題ない用途答えはコチラから→第4話のクイズ

 

ある小島に立てられたミステリー作家・六道群青の事件の捜査。
妻の青山真里の依頼で六道群青(青山一郎)の死因の調査開始。

 

応接間

屋敷の外から青山真里に案内されて、
応接間にはいっていくところからスタート。

 

・話す→青山真里(2回)

 

・話す→青山次朗(2回)

 

・話す→晴海昌平

 

・話す→六道群青の事件

 

・話す→青山真里(2回)

 

・話す→青山次朗(2回)

 

・話す→晴海昌平(2回)

 

・話す→青山次朗

 

食事の用意ができて移動

広間

青山三津子が現れる

 

青山真里、青山次郎、青山三津子で会話が発生

 

その後、小池義広が現れる

 

・話す→青山三津子(2回)

 

・話す→小池義広(2回)

 

・話す→事件について

 

丹羽がこないので、
青山次郎と一緒に部屋へ呼びに行く

丹羽圭介の部屋

部屋の中でボウガンを後ろから撃たれて倒れている丹羽を発見する

 

広間に戻る

広間

八木朝美が現れる

 

丹羽を殺した犯人の捜査開始

丹羽圭介の部屋

丹羽圭介の遺体がある

 

・話す→小説について(2回)

 

・調べる→丹羽圭介の遺体(2回)
「ちょっと見てくれよ、この人のズボンほころびてるな。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『破れたズボン』

 

・調べる→部屋の中

 

・調べる→床(遺体のすぐ近く)
「ん、このザラザラした粒は…?」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『床にこぼれた砂糖』

 

・調べる→コーヒーカップ(机の上)
「もうひとつ、三津子さんの指紋だね。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『三津子の指紋』

 

・調べる→ボウガン(画面左ソファの奥の光っている場所)

 

・調べる→電話

 

・話す→殺害方法について

 

・移動→広間

広間

青山三津子がいる

 

・話す(2回)

 

・移動→応接間

応接間

青山次郎、晴海昌平、八木朝美がいる

 

・話す→青山次朗(2回)
屋敷の間取りがわかる

 

・話す→晴海昌平(2回)

 

・話す→八木朝美(3回)

 

・移動→書斎

書斎

 

・話す(2回)

 

・調べる

 

晴海昌平が現れる

 

・話す(2回)

 

・移動→応接間

応接間

晴海昌平、青山次郎、青山真里、八木朝美がいる

 

・話す→青山次朗(2回)

 

・話す→青山真里(2回)

 

・話す→八木朝美

 

・移動→丹羽圭介の部屋

丹羽圭介の部屋

丹羽圭介の遺体がある

 

・話す→小説について(2回)

 

・話す→殺害方法について(2回)
1回目の会話中の「そうなんだ。即死なら、ボウガンに背を向けているはずだろ?」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『遺体の向き』

 

・調べる→部屋の中→ボウガン(2回)

 

・移動→書斎

書斎

小池義広がいる

 

・話す(2回)

 

・移動→広間

広間

青山三津子がいる

 

・話す
「そうか、やっぱりそうなんだ!」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『仕掛けの矛盾点』

 

・移動→丹羽圭介の部屋

丹羽圭介の部屋

 

・話す→殺害方法について

 

・ヒントの選択肢の中から『遺体の向き』、『仕掛けの矛盾点』の2つを選択する

 

広間に戻る

広間

晴海昌平、青山次郎、青山真里、小池義広、青山三津子、八木朝美がいる

 

広間で寝ることになり、朝になる

広間

晴海昌平、青山次郎、青山三津子、八木朝美が現れる

 

青山次郎は青山真里を起こしに行く

 

・話す→青山三津子(2回)

 

・話す→八木朝美(2回)

 

・話す→青山三津子

 

青山次郎が現れる。
青山真里へ皆で移動

青山真里の部屋

部屋の中で青山真里の遺体を発見する

 

・話す→小説について(2回)

 

・話す→殺害方法について(2回)

 

・調べる→青山真里の遺体(3回)

 

・調べる→部屋の中

 

・調べる→カーテン

 

・調べる→棚(画面右奥)

 

・調べる→机(画面左手前)

 

・調べる→鏡台(壊れている鏡)

 

・調べる→床

 

晴海昌平が犯人がわかったといいだし去っていく
応接間へ強制移動

広間

晴海昌平がいる

 

小池以外の全員が集合し、
晴海昌平が犯人を断定する

 

・話を聞く→六道群青の殺人(2回)

 

・話を聞く→丹羽圭介の殺人(2回)

 

・話を聞く→青山真里の殺人(2回)

 

・話を聞く→小池義広の犯行(2回)

 

小池を呼びに行く

小池義広の部屋

小池義広の遺体を発見する

 

・話す(5回)

 

一旦応接間に戻る

応接間

全員が集まる

 

・話す→青山次朗(2回)

 

・話す→青山三津子(2回)

 

・話す→八木朝美(2回)

 

・話す→晴海昌平

 

事件の捜査を再び開始する

書斎

 

・話す→六道群青の事件(2回)

 

・話す→小説について(2回)

 

・調べる→ロープ(机の上)
「ねえ、こんなところにロープがあるよ。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『ロープ』

 

・調べる→電灯(画面上)
「なんか電気のカサが普通よりも高い気がするんだけど。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『電灯の位置』

 

・調べる→本棚(左の下から2段目あたり)
「アオシチヤメ、となるんだ。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『本の並び』

 

・調べる→本棚の左上の方

 

・調べる→本棚の右下の方

 

・移動→丹羽圭介の部屋

丹羽圭介の部屋

丹羽圭介の遺体がある

 

・話す→丹羽圭介の事件(2回)

 

・話す→小説について(2回)

 

・調べる→ボウガン(左のソファの奥)

 

・調べる→電話

 

・調べる→コーヒーカップ
「うん。それがどうかしたの?」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『飲み残したコーヒー』

 

・移動→青山真里の部屋

青山真里の部屋

青山真里の遺体がある

 

・話す→青山真里の事件(2回)

 

・話す→小説について(2回)

 

・調べる→棚(画面右奥)
「ん? この色は!」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『口紅』

 

・調べる→鏡台
「鏡台の裏側の傷だよ。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『鏡台についた傷跡』

 

・移動→小池義広の部屋

小池義広の部屋

小池義広の遺体がある

 

「机の上のパソコン…小池編集長の仕事用のだね。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『古いパソコン』

 

・話す→小池義広の事件(2回)

 

・話す→小説について(2回)

 

・調べる→小池義広の遺体(3回)

 

・調べる→遺書
「私と六道氏が作りあげた名作「青い口紅」に、命を捧げます。」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『小説のタイトル名』

 

・移動→広間

広間

青山三津子がいる

 

・話す(2回)
1回目の会話中の「…雨?」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『昨晩の雨』

 

・移動→応接間

応接間

晴海昌平、青山次郎、八木朝美がいる

 

部屋に入ってすぐに会話がはじまる
「間違って天気予報とかに電話したんじゃないか?」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『遅れている警察』

 

・話す→青山次朗(2回)

 

・話す→晴海昌平(2回)

 

・話す→八木朝美
「えっ?」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『朽ち果てた廃屋』(2回)

 

・移動→書斎

書斎

 

・話す→小説について(2回)

 

・移動→広間

広間

青山三津子がいる

 

・話す(2回)

 

・調べる→電話(2回)
2回目の会話中の「何だって!?」の時に、ヒラメキシステムのボタンで『変更された電話番号』

 

・調べる→絵(画面左奥)
「これが一郎さんが描いた絵か。」の時に、ヒラメキシステムのボタンを押すと
文字入力画面になるので『だんろ』と入力する

 

・話す(2回)

 

・調べる→だんろ(2回)

 

・移動→応接間

応接間

晴海昌平、青山次郎、八木朝美がいる

 

・話す→犯人を指摘する

 

全員が集まる

 

・ヒントの選択肢の中から『ロープ』、『鏡台についた傷跡』、『小説のタイトル名』、『変更された電話番号』の4つを選択する


ゲームクリア

 

スポンサードリンク